複数担任と上手に人間関係を築くコツ

保育士の多くは、複数担任でクラスを持つ人が多いと思います。2人組も居れば、4人など多くの保育士との複数担任もあり、保育士の数が多ければ、人間関係を築いていくのも大変です。その半面、子どもに向ける目や手も増えるので、上手く… 続きを読む »

園長との人間関係、辞めてから気が付いたこと

私が保育士をしている8年間で、園長は5人入れ替わりました。次の園長が見つからない時は、園長代理も務めました。園長は園の顔ですし、もちろん一番のトップなので、不在だと困りますが、日々の保育をしている時にはあまり気にすること… 続きを読む »

新人保育士との接し方、私の体験

働いていくうえで、最初は新人でもいつかは先輩へとなっていくものです。その時、自分がしてもらったように新人にも指導していきます。 保育士の場合短大・4大卒、また社会人として他で働いていたところから資格を取得し、保育園に職員… 続きを読む »

5歳児の接し方、5歳児クラスの担任になったら

最年長クラスということで、成長や課題など全てのことが終結に向かわなければならない1年です。行事も沢山あり、息つく暇がありません。そんな5歳児のクラスを受け持つ保育士は仕事も倍増するので大変です。おまけに子どもの遊びも高度… 続きを読む »

4歳児の接し方、4歳児クラスの担任になったら

4歳児という年齢は身体は大きくなっていますが、まだまだ子どもの部分もあるころです。 そんな時の接し方というのは時に難しいことがあります。さっきまで大人のようなことを言っていたのにいつの間にか、だだをこねることもしばしば。… 続きを読む »

0歳から3歳までの年齢別あやし方

子どもは泣くものです。無意味に泣いているように見えますが、本当は子どもなりの様々な理由があるのです。保育士でそのクラスの担任になるともちろん毎日のようにそんな場面に遭遇しますよね。子どもの泣きは年齢によって理由は様々です… 続きを読む »

私の保育士の経験、3年目

1年目は2歳児、2年目は4歳児、そして3年目は3歳児になりました。あっという間の3年目。石の上にも3年というように短大でも教わってきたので、失敗や甘えは許されないとこの年数がプレッシャーに感じて自分を追い詰めてしまうこと… 続きを読む »